So-net無料ブログ作成

社保・住基カード [学び]

厚生労働省と総務省との間で、社会保障カードと住基カードを一体化することで本格的に検討に入ったというニュースが出ていました。(ソース:日経ネット2008/5/31)

住基カードと言えば、散々酷評されていたいわくつきのカード。私も持っているのですが、このカードに総務省が運営している「公的個人認証サービス(http://www.jpki.go.jp/)」で発行される電子証明書を入れています。
まぁ、電子納税ができるわけなんですが、使い勝手は非常に悪いです。

で、ふと思ったのが、同カードは総務省の管轄です。しかし、社会保障カードは厚生労働省の管轄で、統合される新しいカードは厚生労働省の管轄になるそうな。
ってことは、住基ネットや公的個人認証のインフラは厚生労働省に移管されるのだろーか??
今までは、旧自治省の管轄だったと思うのだけど、総務省は結構な整備費用と運営費用をかけたインフラを2つも手放すのか??というところが非常に注目だったりします。

まぁ、運用コストと普及率を鑑みると厚生労働省に移管してしまったほうが「お荷物」を捨てることができるので、総務省としてもメリットがあるのかなー

閑話休題。

新しいカードは無料で配布されるそーだが、1500円払って住基カードと公的個人認証の電子証明書を取得した私って、もしかして損してる? まぁ、来年辺りで証明書の有効期限は切れてしまうので、更新を控えればいいのかな。。。

今後の展開に目が離せません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。